インタビュアー:荻島 慎吾

ホーム > インタビュアー:荻島 慎吾

SHINGO
OGISHIMA

荻島慎吾-おぎしま しんご-

部署:第4事業部 役職:カーズマネージャー

  • 2001年 <新卒>販売職 配属
  • 2008年 販売主任 昇進
  • 2015年 店長代行 昇進
  • 2016年 カーズマネージャー 就任

今年新たに新設されたカーズマネージャー

カーズマネージャーとは各事業部の店舗にあるカーズ部門(車買取販売)を取りまとめるエリアリーダー的存在です。担当者の育成や不振店舗の売上回復、売上、利益の確保など事業部内カーズ事業の全責任を負います。

カーズマネージャーは全店のカーズ担当者の中から選任された今年新たに新設された役職です。この役職に就任後は基幹店舗をはじめ、事業部内の店舗を巡回し各店の問題点、課題、強み、弱みを洗い出し、各店の店長や担当者と話をしながら業績向上に努めています。例えば、車の展示や雑誌への掲載方法、適正な査定と買取車の売却方法等について、指導や改善提案をします。

ogishima02

ogishima03

お店に寄り添った現場目線で――

現職就任以前は現場で長く勤務してきたため、お店に寄り添った現場目線でお店の中から変えていきたいと思っています。数か月前の話ですが、カーズ部門の目標販売数を達成できていない店舗がありました。そこで私はその店舗に張り付き、お店全体に協力を促して、毎日の朝礼で今日の目標を掲げ協力を仰ぎました。スタッフの気持ちを自分と同じ温度に持っていくところから始めたのです。そして今では毎月目標を達成できるようになりました。

カーズ部門に配属されて3年ほどですから、他の事業部のカーズマネージャーたちの良いところを吸収しながらも、いずれはその方達には勝ちたいという思いがあります。いま私は、第4事業部に所属していますが、第4事業部の人たちが「荻島が担当マネージャーで良かった」と思ってもらえるように実績を積んでいきたいとも思っています。

ogishima04

キャリアアップできるポジションがたくさんある――

カーズマネージャーはカーズ担当の1期生から選ばれています。当初カーズ部門担当者は8店舗のみで8名からスタートし、自分はその1期生。カーズ業務を理解する人がいない中で新規で部門を作り上げてきた自負があります。今ではカーズがある店舗が増え、2期生、3期生とメンバーが増えてきた中で、組織が事業部制になり、カーズマネージャーとして選抜されました。自分が抜けることで店舗のカーズ担当者がいなくなるわけですから、自分が抜けても代わりの人でやっていける体制を作る、そういう指導をできることが大切だと思っています。

キャリアステップするためには、アピールも大切なのかもしれませんが、自分のやり方は実績を積んで、まわりに信頼されるように仕事を進めることだと考えています。現場のみんなで協力しながら「頑張って良かったね!」というのが理想像ですね。

当社は新卒からキャリアアップできるポジションがたくさんあります。また、そのポジションに就けるチャンスは全社員に等しく与えられていますが、チャンスをものにできるかどうかは自分自身との勝負であるとも言えます。途中で諦めることなく取り組んでほしいと思います。