インタビュアー:赤坂 彰弘

ホーム > インタビュアー:赤坂 彰弘

AKIHIRO
AKASAKA

赤坂彰弘-あかさか あきひろ-

部署:第1事業部 役職:サービスマネージャー

  • 1993年 <新卒>ピットメカニック職 配属
  • 1997年 ピット主任 昇進
  • 2001年 ピット長 昇進
  • 2006年 店長 昇進
  • 2015年 サービス営業部 部長 昇進
  • 2016年 サービスマネージャー 就任

事業部のピットサービス部門をあらゆる面で統括――

サービスマネージャーの仕事は、事業部内店舗のピットサービス部門を売上、利益、人事、設備、コンプライアンス等あらゆる面で統括し、店舗のピットサービス業績向上を図ることです。

また、現在所属している事業部内の事業部長、運営部長、カーズマネージャーと綿密な連携を図り、円滑な店舗、ピットサービスの運営を推進します。例えば各店舗のミーティングにおいて、お店の課題等を出し合い、どのように対策を考え、それを落とし込んでいくかなどを話し合います。

常に店舗の状況を把握し、時には客観的な立場で問題の洗い出しや、課題の設定をして、解決策を店長、ピット責任者と共に講じていくことが私の仕事です。

akasaka02

akasaka03

チャレンジを推奨し、失敗の中からも学べる環境作りを目指す――

店舗スタッフには、個々に課題や役割を明確にしていき、それぞれがただ上司からの指示で動く作業ばかりでなく、自ら考え行動する「仕事」を通じて成功体験を踏ませていき、「仕事」の厳しさ、楽しさ、やりがいを感じることが大切だと考えています。それぞれの立場やスキルに合わせた「チャレンジ」を推奨し、失敗の中からも学べる環境、職場作りを目指しています。

自分の課題としては、サービスの提供や商品の展開などを今までのやり方を守るべき点と変えるべき点の見極めをした上で、時には大胆な決断・実行ができる人財でありたいと考えております。

akasaka04

チャレンジ精神をもった人にチャンスを与えてくれる社風――

当社は「チャレンジ」を推奨する社風です。自分も今までに様々なチャレンジをさせてもらいここまで来ました。時には失敗もありましたが、自ら考えてチャレンジした仕事であれば成功からも、失敗からも学ぶ事は大いにあります。

当社の社長はチャレンジをする人へ評価をしてくれる人です。例えば、大きなお金が掛る企画などを自分たちで考えてやらせてもらえます。たとえその企画が失敗したとしても、またチャレンジしてみろ!と言ってくれるのです。失敗した本人がダメだったことに対し一番身に染みているのを分かってくれる、こいつなら必ず成功させるだろうと信じてくれる――チャレンジ精神をもった人にチャンスを与えてくれます。

私は、学生よりも、社会人になってからの方が、学ぶ事は遥かに多いと考えています。学生時代は自分のことが中心ですが、仕事は相手がいることで成り立っているので、そこでの学ぶことが大きいということです。是非、失敗を恐れずに「チャレンジ」して色々な事を学んでもらいたい――そう思っています。

< Back