インタビュー:唐澤拓也

ホーム > 採用情報 > スタッフインタビュー > インタビュー:唐澤拓也

明るく・楽しく・元気に
行動すると相乗効果が生まれる

新卒

唐澤 拓也 – Takuya Karasawa –

販売職 入社/2012年

色々な会社を受けた中で、同じ目線で話してくれたのはアイエーだけでした

父親がサービス業で働いており、その背中を見て育ったので同じ方向に進みたいと思い、就職活動はサービス業を軸に活動していました。ディーラー、不動産、デパート、ホームセンター、営業職など色々な会社を受けたと思います。その中で一番の志望業界は自動車業界でした。大学2年生で車を購入していたことからも自動車関係への興味は高かったと思います。その中でアイエーを受けた時の印象が、新入社員の研修やフォローがしっかりしていたことと、何よりも人事の方が学生と同じ目線で話してくれて、フレンドリーに私の話しを聞いてくれたことが印象的でした。色々な会社を受けた中で、同じ目線で話してくれたのはアイエーだけだったので、ここだ!と思い入社を決めました。

i-karasawa02
i-karasawa01

お客様が何を求めているのかを見極める―

現在はタイヤ担当としてタイヤ・アルミの販売をしていますが、タイヤは車用品の中で一番気になるところ、分かりやすい商品です。だからこそ、お客様へキチンと伝え、商品を買ってご満足いただけることを意識しています。例えば、ご年配のお客様でしたら、言葉は丁寧にわかりやすく専門用語は使わずにお伝えしていく、同年代の方であればフレンドリーに接するなど――また、ご自分のお話しを聞いて欲しい方には聞く側にまわり、アドバイスを求めている方にはリードしながら求めているものへ導いて差し上げるなど、ご要望に合わせて接客をしていくことが大切だと考えています。

i-karasawa03
i-karasawa05
i-karasawa04

常に「ありがとう」の言葉と「感謝の気持ち」を持ってやることが自分のポリシー

売る側の視点だけではダメ。常にお客様のことを考えて接客販売していかなくてはと思います。
そうした接客を心掛けているためか、自然と一度ご来店されたお客様を覚えていることが多く「○○様こんにちは。この前のタイヤの乗り心地はいかがですか?」などとお声掛けすると「唐澤さん、覚えててくれたんですね」と喜んでくださり、そこから信頼関係が生まれたりします。次にご来店された時は私を名指しで来て下さり、接客に至ることもあります。そこからいつの間にか自分のお客様になり、またお知り合いをご紹介いただいて広がり、お客様が増えていくことが、この仕事の面白さ、やりがいだと思います。
ちなみに自分のポリシーは常に「ありがとう」を言葉にすることと、「感謝の気持ち」を持つことが大事だと考えて行動しています。