インタビュー:鳥羽雄介

ホーム > 採用情報 > スタッフインタビュー > インタビュー:鳥羽雄介

現場の雰囲気作り、楽しい職場作りが
お店の目標を越えていく―

中途

鳥羽 雄介 – Yusuke Toba –

ピットメカニック職<ピット主任> 入社/2007年

入社のキッカケは自分の愛車が故障―

元々クルマが好きで、自動車メーカーに入社。CADを使って車体の設計をしていました。
転職のキッカケになった出来事は、自分の愛車が故障してしまい、それを直せなかったことに悔いが残り、整備の知識・技術を身に付けたいと思ったこと。自動車の整備学校へ行くことも考えましたが、働きながら整備士の資格を取得できるアイエーを見つけ応募しました。最初はお客様のクルマを扱うということ、体力的な部分でも続くのか…と不安の中からでのスタートでしたが、着々と知識を身に付け、国家資格の自動車整備士3級を取得した後、2級整備士取得、そして車検の検査員という資格を取得しました。

i-toba02
i-toba01

現在は車検フロント業務が中心です

現在は車検を担当。主には車検フロントとしてお客様に車検のご案内をしています。取得した資格を活かせる仕事に携わることになりましたが、最初は資格を持っていても通用しないことがたくさんありました。
学んだことを忘れていたり、劣る部分があったりと…そこは再度勉強し直して、また現場で数々の経験を重ねながら挑みました。最近は仕事がスムーズに進められるようになり、今後は板金や保険業務など、もっと仕事の幅を広げていきたいと思っています。

i-toba03

息子に胸を張って言える仕事―

車検フロントの仕事はお客様と接している時間が長いため、お客様のご要望にお応えできるよう日々携わっています。そうしたことで、お客様の喜びを身近に感じられることがこの車検フロントです―
とてもやりがいを感じています。
私には2歳の息子がいますが、息子にもこの仕事に興味を持ってもらえたら何よりも嬉しいです。
国家資格を持ち、お客様のクルマの安全を守る仕事。胸を張って言える仕事ですから―

i-toba04

一生、整備士として携わりたい―

今までは、車の一般整備などを長く経験してきましたが、今後はテクノキューブでの車検業務を中心に、オートバックスの店舗全体を把握しながら業務を万全にこなす事が目標です。また、自分自身の成長だけでなく、同時に後輩も一緒に成長できるよう指導しています。
昨年、ピット内でのATFコンテストで店舗記録を塗り替えることができましたが、それを達成させるために、現場の雰囲気作りやスタッフのモチベーションを上げてきたことが繋がっており、その時に「雰囲気づくり」は改めてとても大切なことだと感じました。
店舗としての売上げも大事ですが、それ以上に楽しい職場作りを目指していきたいです。そうすることで結果、自分や後輩の成長に繋がっていると思います。現在、ピット主任というピットスタッフを管理する立場に就いていますが、その上のピットの総責任者である「ピット長」を目指して、まだまだ自分に足りない部分を勉強して日々頑張っています。一生整備士として携わっていきたい――そう思っています。

Next >